カンジダ症にかかると発熱するの?

カンジダ症はカビの一種である真菌の感染によって発症します。皮膚や性器などの様々なところで発症し、主に皮膚の接触によって感染します。本来は感染しただけでは症状があらわれず、免疫によって抑えられていますが、風邪などの体調不良や体力低下、ストレスによって体の免疫力が下がると、菌が増殖して痒みや炎症を起こします。男性には比較的ゆるい症状のため、気づくことは少なく自然と治ることが多いです。しかし女性に発症すると、非常にはげしい痒みや炎症、耐えられない痛みが起こるので、早期に治療することが必要です。しかし湿気を好む性質のため、発生場所によっては再発しやすいという特徴を持っています。
もともとカンジダは誰でも保菌しているもので、感染も自己接触がほとんどですが、極まれに他人から菌を移されることがあります。性器カンジダ症がその一例で、性行為によって他人に感染することがあります。体力や免疫力が低下して菌が増殖しているときにうつりやすく、特に自覚症状のない男性から女性に感染することが多いです。
カンジダ症は炎症による発熱はありますが、患部が温かくなる程度で、体温に影響することは少ないです。しかし淋病やクラミジア治療の時に、カンジダが発症することがあります。治療に抗生物質を使用するため、体力を消耗し免疫力が低下するのが原因です。そのため発熱を伴う風邪などの症状も起こしやすく、同時にカンジダが発症することがあります。このとき発熱の元がカンジダと勘違いされることが多いようです。
カンジダ症は真菌による感染のため、抗真菌薬による治療が必要です。抗生物質ではインフルエンザ菌などの細菌類にしか効果が出ないため、症状が出た場合は医師に相談する必要があります。