エンペシド腟錠の効果

カンジダとは、真菌の一種であるカンジダによって引き起こされる性感染症のことをいいます。
この真菌は常時体の中に存在する菌です。
しかし、いくつかの原因によってカンジダ菌が異常に増えることで、カンジダ症を引き起こすこととなります。
特に女性には多く見られる症状であり、再発する可能性も大いにあります。

この症状が起きる原因としては、単に性交渉だけでなく、ストレスや膣の自浄作用の低下によって起きることもあります。
そのため、女性によっては頻繁に病院で治療を受ける人も少なくありません。
治療には主に膣に挿入する薬と陰部周辺のかゆみを抑える塗り薬が病院から処方されます。
代表的な薬としては、エンペシドという薬があります。
エンペシド腟錠の効果は、腟錠を挿入することでカンジダ菌の増殖を抑え、炎症を和らげる効果があります。
錠剤ですので、膣内で溶けた薬の残りが外に流れ出てくることがあります。
これを1週間ほど使用すると、徐々にかゆみなどの症状が少なくなっていきます。
このエンペシド腟錠を使用しながら、陰部周辺に使用するエンペシドクリームなどの軟膏を使うことで、周りのかゆみも抑えることができます。
かゆみが無くなれば、治療は終了ということになります。

このように、カンジダは女性に多い症状ではありますが、男性もまれに感染する可能性があります。
これを放っておくと、亀頭包皮炎などの別の病気を併発する恐れがありますので、早期の治療が必要です。
カンジダ症になっている女性との性交渉は避け、性器を常に清潔に保つことが大切です。
かゆみを感じ始めた場合は、病院へ行き、軟膏による治療が行われます。
エンペシドクリーム 男性用の薬を処方してもらい、1日に数回患部に塗ることで治療できます。

■性病に効く薬ならこのサイトをチェック
バルトレックス│通販でヘルペス治療